2006年09月23日

星野由美子ライブ 06年9月21日 然々

ジャズシンガー星野由美子 ライブレポート

06年9月21日(木)然の音楽会 茨城県ひたちなか市「ライブラリーカフェ然々」

メンバー:
星野"ゆみっふぃー"由美子 (vocal & piano)、清水AKIYOSHI (bass)

zenzen060921.jpg
(photo by 三橋さん)

恒例、木曜の然々ライブ、秋ヴァージョンへ突入です!
昼間はまだ残暑が感じられますが、夕方からはすっかり秋ムードになってきましたね。
秋といえば、「読書の秋」とか「食欲の秋」とかありますが、「考える秋」=「自分を見つめ直す秋」なんていうのもいいかもしれません。楽しく賑やかな夏が終わって、ふと我に返る瞬間が訪れたりしません?
星野さんが1stステージの最後に「マスカレード(This Masquarade)」を歌うときのMCで、この曲は「人生は仮面舞踏会のもの、誰もが仮面をつけて人生を送っているけれども、その内に本当の自分がわからなくなってしまう」というような意味です、と紹介しておりましたが、うーん、確かに考えさせられる詞ですねー。レオン・ラッセルらしい歌詞です。
さて、この夜のセットリストは以下の通りでした。
特に2ndステージの演奏とその流れは良かったですね。客席の皆さん、星野さんの深い歌にじっくり聴き惚れていた感じです。
それに今回はいつもより清水さんのベースソロのフューチャー度が高かったように感じられました。ベースソロが多いとよりアコースティック感が増して心地よいです。清水さんはとても技巧的で表現力も豊かだと思います(日々進化中)。星野さんのピアノとのインタープレイも聴きどころですね。
2ndステージの最後はカウント・ベイシーの「Shiny Stockings」。星野さんは最近この曲をよく演奏していますけど、この編成にしてはベイシー度が高いです。ベースのリズムの刻み方がフレディ・グリーンの質感に似ていたり(偶然か?)、曲の最後の終わり方(ピアノ)とか、ディテイルにこだわりを感じたのは私だけでしょうか。

セットリスト:
★1st Stage★
1. I Remember You
2. Love
3. Days Of Wine And Roses(酒とバラの日々)
4. Love Is A Many Splendored Thing(慕情)
5. When You Smiling
6. This Masquarade

★2nd Stage★
1. In A Mellow Tone
2. September Song
3. Autumn Leaves(枯葉)
4. Stardust
5. The Girl Fron Ipanema(イパネマの娘)
6. Shiny Stockings
Encore: Tennessee Waltz

次回の然々ライブは、10月19日(木)です。

Sep 21, 2006 Reported
posted by junn-chang at 13:06| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ライヴレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真採用ありがとうございます。
AKIYOSHIさんに星野さんがアイコンタクトする瞬間です。
今回初、撮れて良かったと思っていたのです。
星野さんの笑顔がいいですよね。
日々然々からこちらにリンクはらせて頂きました。

Posted by 三橋 at 2006年09月23日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。